終戦後しばらくの間、羽田空港はGHQの管理下にあり、かつてのヒコーキ
野郎たちが慨嘆したように、日本の空は日本人が飛ぶことさえままならなか
った。
日本航空が戦後初の民間機マーチン202A「もく星」号によって営業を開始
したのが、1951年(昭和26年)10月。飛行機、パイロットから整備員まで、
すべてノースウェスト航空からの借り物であった。
そんな折、一人の男がシェル石油を訪ねた。知人の航空機使用事業へ燃料を供給するため、その取扱いについて直談判するのが目的であった。
南 貞夫、38歳。航空燃料事業との運命の出会いは、1952年(昭和27年)
のことであった。

創業者 南 貞夫